• 大場敬子

結婚フェロモンと呼びましょうか。


2015年8月5日の 徒然だより

結婚フェロモンと呼びましょうか。夏祭りは、行動誘発物質戸惑うばかり

結婚フェロモンと呼びましょうか・・。

字義:フェロモンとは、生化学、行動誘発物質です。

誤解なさらないで・・ね。

ブリス主任の品位を疑いたくなりますタイトルなんて、そうじゃありませんの・・真面目に「徒然おたより」ですわ・・。

高校生の男子など、「若い新任の可愛い女教師」が、新学期に学校に転任してきますと、遊びや、からかいで強烈に騒ぎたてて先生を困らせたりしますことって、耳にすることがあるわね・・。

フェロモンとは、動物の体内から分泌、放出されて、同種の他の個体の行動や生理状態に影響を与える物質の総称なのね・・。

ご結婚を希望されます方には、その準備ができてる方が多いように思います・・。結婚されますのに、ふさわしい年齢ということでしょうね・・。

「女性は女性らしく、男性も男性らしく・・」かしら・・。

でもね・・表現は正しくありませんの!

どうしてなのか、お分かりになりますか?!

「女性は女性らしく、男性も男性らしく」の、「○○らしく」は「女性ではないのに女性のように振る舞う」「男性じゃないのに男らしく振る舞う」という厳密な言葉の表現なんですね。

くどいことはお話しするつもりはありませんのよ・・。

ブリス主任の「造語」かもしれません「結婚フェロモン」は生化学、行動誘発物質といたしまして、ご結婚希望様は、製造放出中であるはず!

それなのに皆様が、自分の魅力を出し切れていらっしゃいませんのが、心の痛むところでございます。

このおたよりをお読みいただいておりますあなた様は、十分にその準備ができていますのに、なかなかお相手に伝わらないのかもしれませんね。

多くの昆虫がこの「性フェロモン」を放ち、希望としますお相手にお誘いをかけてお互いに納得いたしますと結婚となります。

昆虫と人とを一緒にしているわけではありませんのよ。たとえですので・・。

あまりにも、一生懸命過ぎまして、婚活パーティなど機会のあります時にご出席され、お見合いはすすめられるままに回数をこなすという、その一生懸命さが、良いものを悪くしていることもあるんですね。

昆虫から学びますことってたくさんありますでしょ。

皆様ご存知の、「あり」と「ミツバチ」は、生活や精神的な励ましとなる例えとなる言葉が沢山ありますわよね。

その「あり」と「ミツバチ」に「警報フェロモン」といいますのもありますの・・。 ご注意あそばせ!

これもまた、自然界から学べますことのなんと多いことか・・。

ブリスマーク・ブライダル®の「結婚相談カウンセラー」はあなたにふさわしいお相手を真剣に探させていただいております。ご相談ください。

#徒然おたより

Copyright © 2017-2020 BLISSMARK ®BRIDAL tohoku sendai salon. All rights reserved. BLISSMARK ®Keiko-Ohba